最新情報

歯科衛生士募集しております

 
歯科衛生士 正社員、パート募集しております。

お気軽にお電話ください。

TEL:0791-23-5334 はともと歯科医院

年末・年始のお休みについて

 

下記日程で年末・年始休診とさせていただきます。

 

12月30日(水)~1月4日(月)

 

年内の診療は、12月29日(火)の午前中まで。
年始は1月4日(月)より診療開始いたします。
  

ご不便・ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

いい歯で、いい笑顔

こんにちは。院長の波戸本です。

朝夕冷え込む季節になりましたが、元気に過ごせていますか?

 

11月8日は「いい歯の日」。

日本歯科医師会では『「いい歯で、いい笑顔」を日本中に。』をキャッチフレーズに

8020運動の一環として「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」を実施しています。

 

「とびきりの笑顔」の写真コンテストのほか、「笑顔が素敵な」著名人を投票で選ぶ部門があり、

2014年度は橋本環奈さんと坂上忍さんが選出されました。

坂上忍さんは定期的なクリーニングにも気を配っているとのこと。

やはり素敵な笑顔には、お口の健康が欠かせませんね。

 

この機会にむし歯がある人、ない人も、お口の健康をもう一度見なおしてみましょう。

年末の忙しい時期が来る前に、ぜひ定期検診にいらしてください。

 

寒くなり空気が乾燥してくる季節には、風邪やインフルエンザが流行します。

お口の中を清潔に保つことは、こうした病気の予防にもつながります。

「手洗い・うがい・歯みがき」をしっかり心がけ、いい笑顔でお過ごしください。

ドラキュラの牙と犬歯

こんにちは。院長の波戸本です。

  

10月といえばハロウィン。(10月31日)

ここ数年、日本でもハロウィンが定着してきたように思います。

  

ハロウィンでよく登場するのが「ドラキュラ」や「ヴァンパイア」。

犬歯の位置にある、長く鋭い牙が特徴的ですよね。

 

人間の犬歯も、先端が尖っていることから「尖頭歯」とも呼ばれます。

この犬歯は、歯の中でも根っこが最も長く頑丈な歯で、歯の表面を覆うエナメル質も最も分厚いため、

歯の中で最も寿命が長い歯と言われています。

 

この犬歯には、するどい先端で食べ物を噛み切る役割もありますが、

かみあわせ上でも非常に大切な役割を担っています。

下顎を左右に動かすと犬歯にあたって奥歯に隙間ができますよね。

これを「犬歯誘導」といい、犬歯が当たることで「顎の動きをガイド」し、

奥歯への負担をコントロールしています。

 

ハロウィンもあり、甘いものを摂取する機会の多いこの時期。

しっかりと歯のお手入れをして、大切な歯を守っていきましょう。

 

院長

 

食欲の秋を健康な歯で

こんにちは。院長の波戸本です。

 

立秋を過ぎ、暦の上では秋を迎えていますが、まだまだ残暑が厳しい毎日ですね。

皆様、夏休みは楽しく過ごせましたか?

 夜に鳴く虫の声が、蝉からこおろぎに代わるのを聞き、なんとなく寂しい思いにかられるのは

私だけでしょうか?

 

夏から秋にかけての季節の変わり目はとくに、

気温差や疲れなどで体の免疫力が低下しがち。

 

免疫力が低下していると、体調を崩しやすいだけでなく、

むし歯や歯周病のリスクも高くなります。

 

歯みがき時の出血、歯の揺れ、歯がしみる等、

お口に違和感を覚えたらできるだけ早めにご来院ください。

 

これからやってくる「食欲の秋」「味覚の秋」…。

美味しい食事ができるのは、健康な歯があってこそ。

定期的なメンテナンスと日々のケアを忘れずに、秋を楽しみましょう。

歯並びは見た目だけではありません

こんにちは。院長の波戸本です。暑い日が続いていますが皆様お元気で過ごされていますか。

最近、ホワイトニング、歯を白くされる方がふえています。

健康的な季節にきらりと光る口元は合うのかもしれません。

 

さて「8月8日は何の日?」と聞かれたら、皆さん何を思い浮かべますか?

「そろばんの日」、「タコの日」などありますが、お口に関して言うと「歯並びの日」でもあります。

 

「歯並び」というと、外見の美しさのイメージが強いですが、

むし歯や歯周病のリスク、咀嚼(そしゃく)機能、発音機能など、

見た目だけでなくお口と体の健康に大きく関係しています。

 

歯並びが悪いと毎日きちんとブラッシングをしているつもりでも、

重なりあった部分など、どうしても磨き残しの部分が多くなってしまいがちです。

そのため、プラーク(歯垢)が口腔内に残ってしまい、むし歯や歯周病の原因となります。

 

歯並びによっては、歯ブラシだけではプラークの除去が困難な場合もあります。

補助的にフロスや歯間ブラシを用いて、しっかり歯のお手入れを行いましょう。

 

当院では、みなさんのお口にあわせた、正しいブラッシングの方法もお伝えしています。

また、歯並びを改善することで歯のお手入れをしやすくして、むし歯や歯周病のリスクを減らすこともできます。

 

ぜひご相談ください。

 

院長 波戸本

冷たいものを口にすると…

こんにちは。院長の波戸本です。

7月に入り、気温も高くなってきましたね。梅雨が明ければいよいよ夏本番。

よく冷えた飲み物や、アイスクリーム、かき氷などがとても美味しく感じられます。

また、花火やお祭、海にプールと楽しいイベントがたくさんありますね

 

さて、この時期は冷たいものをとる機会が増えますが、冷たいものを口にすると

歯が「キーン」としみて痛くなってしまった事はありませんか?

むし歯でもないのに、歯がしみてしまう…それは、知覚過敏かもしれません。

 

知覚過敏の原因は様々ですが、歯の表面のエナメル質が傷ついたり、

歯ぐきが下がってしまう事で、歯の象牙質が露出すると

歯の神経に刺激が伝わってしまうため、痛みを感じてしまいます。

 

知覚過敏は患部にお薬を塗ったり、樹脂などで歯の表面を覆う等で、

症状を抑える事ができます。

 

しかし、歯周病が原因で歯ぐきが下がってしまった場合には、

歯周病がかなり進行している事が考えられます。

また、歯ぎしりや咬み合わせが原因の場合には根本的な対処が必要です。

 

ご自身では判断のつきにくいこともあると思いますので、

お心当たりのある方は、お気軽にご相談ください。

正しいブラッシングの方法もお伝えしています!

 

院長

ホームページを開設いたしました

こんにちは。

はともと歯科医院です。

 

このたび、ホームページを開設いたしました。

皆さんのお口の健康に役立つ情報を発信していけたらと

考えております。

 

今後ともはともと歯科医院をよろしくお願いいたします。